12.常時接続光通信の活用(2)/
社内ネットワーク利用とIP電話

常時接続の時代に突入


光通信に対しての、ネットワーク利用についての質問が多くありましたのでもう少し説明を加えます。

○規模に合ったものを使いましょう

システムは企業規模によって、大きく利用する機器装置及びソフトなどが異なります。小企業を訪問してよく感じることは、何でこんな立派な機器が入っているんだろう?ということです。

ネットワークでは、更にこの傾向が顕著です。まず、立派なサ-バーの存在です。ネットワークの核になるのは、確かにサーバーですが、立派なサーバーを使いこなしていないから問題に感じるわけです。多くは、デーラー、販売店などに進められるまま導入しているわけで、多くの責任はそこにあるわけですが、利用者側が、結局高いコスト負担をしいれられているわけで反省が必要です。

○PCが10台以内なら、サーバーがなくても問題ありません。

説明の大前提として、小規模企業を対象に提案していますが、これらの起業における業務を考えると、ほとんど、サーバーを入れなくとも、ネットワークの構築が可能です。

現在のWINDOWSでは、PCにネットワークの機能を持っています。又セキュリテーもそれなりにカバーできます。PC同士を結ぶPC TO PCで、ネットワークを組み、どれか1つのPCをサーバー扱いとして、データベースなどの核にします。他のPCをクライアントとして、システムを構成すれば、もう立派なネットワークです。

ただ、注意が必要なことは、WINDOWSは、ご存知のとおり、突然のハングアップ(フリーズ)があります。そのフリーズ対策として、サーバー扱いするPCのOSは、windows2000、XPなどの、サーバーベース0Sの利用をお勧めします。

(理由)

WINDOWS98はフリーズすると、再起動(一度電源を切る)しなければならず、このとき、このPCがサーバーの役割を持っていれば、ネットワークが中断されてしまい、他のPCの業務がダウンします。windows2000などは、全体がフリーズせず、たとえばワードのみが、フリーズし、PC全体はフリーズしないので、サーバー機能は、維持されます。

○ネットワークでインターネットを使う。

インターネットが定額常時接続になり、利用の機会が急増しています。社内においても、複数のPCで利用したいという要望が高まっています。もっとも簡単な、利用方法を考えて見ます。

○ 光通信一回線でPC複数台利用する

光通信は通常、電話コンセントから、(スリット)に入り、そして(光通信モデム)に入って、次にPCにつながる仕組みになっています。PC1台の場合は、このままでOKですが、複数台のPCで利用する場合、モデムとPCの間に、(ルーター)という機器が必要になります。つまり、(光通信モデム)(光通信ルーター)(PC複数台)ということになります。

○ おすすめルーター

ルーターにもいろいろあります。そして進歩していますので、次々に良いものが出回るでしょう。でも待っているわけにも行かないので、今時点で、最良かな? と思うものを提案します。


○光通信モデム内臓ルーター

100BASETポート付がいいです。現在無線LANの普及が目立ちます。予算があれば無線LANですが、基本セット4万とPCごとに2万(チョット高めに)程度かります。優先LANは、全体で3万程度。 (最近、ウイルスチェック付のルーターがでました。まだ確認していませんが、おすすめかもしれません)


○ つなげるPC台数により、(HUB)が必要になります。

光通信ルーターに、LANポートがついて居ますが、この数がつなげるPC台数になります。LANポートは、10BASETと100BASETがありますが、出来れば100BASETを購入します。(これは通信速度です)ルーターについているポートは3から5ですからそれ以上つなぐ場合、(ルーター)(HUB)(PC)の形になります。

(HUB)は、100BASETのものを買いましょう。5ポートで1万円程度です。ルーターの設定については多くの問題が発生します。これらは次回に報告します。今後、ITマガジンは、短めですが、回数を多くして、直面する課題に取り組んでいきます。

◆ネットワーク利用で会社が変る

前回:11.常時接続光通信の活用(1)/ 光通信導入チェック 
相談は 担当:篠山まで メールで

★ビジネスヒントの目次へ

●小企業にとって今がチャンス!ECへの変化は、チャンスの源泉。どうすれば成功するのか?BtoB着々、ネット受注参加50%にも IT革命も熱狂の時代から定着の時代に入りつつある。成功するところろ失敗するところが見えてきた。
●e−ビジネス ある町工場仲間の挑戦』東大阪の下請町工場は、不況の中,更に大手メーカーの生産拠点海外移転で、冷え切っていた。
●管理職リーダーシップに妥協は破滅GEのリーダーの選び方は洗練されている、そのリーダーを選ぶ4つのEとは次のものである.
●eビジネス成功の秘訣e-ビジネス市場は大きく拡大している、にもかかわらず、成功しているサイトは少ない。これはアプローチが間違っているからだ。
●企業競争力は、掛け算か?

企業の構成要素は、人、物.金、情報と言われる。これら要素をバランスよく保つことが、競争力を増すことになる。 ASP先見えず、でも将来に期待ASP(業務のアウトソーシング)に関する最近の調査では「ASPはまだ始まったばかりで先が見えない?」と答えた企業が48%にのぼり,ASPの本格的導入にはまだ時間がかかる傾向を現した。